労災事故

DSC_1072

8月1日店内の製麺室において労災事故が発生しました。
 従業員が製麺作業中ミキサーの撹拌棒が手のひらを貫いてしまいました。
 直ちに救急車をお願いし病院に搬送しようとしましたが貫通した鉄の撹拌棒とミキサーの内壁の間に手が挟まり自力では抜けない状態となっていました。
 そこから救命士の方や消防隊や警察官など多数の方々による困難な救助活動が始まりました。さらに品川麺機の社長さんも駆けつけていただき助言もいただいての作業となりました。
 結局この鉄棒を手から抜き取ることは現場では無理と判断し、撹拌棒の軸棒から切断し病院にて手術する事となりました。しかし直径40ミリほどの鉄の棒はいたって硬質で、救命士の方が何度もカッターの刃を交換しながらの作業となりました。
 手を機械に挟まれ前かがみの不自然な姿勢で痛みに耐えて二時間、軸棒は切断されましたが撹拌棒は手を貫いたまま、これよりは病院にての手術となり救急搬送となりました。
 病院には私も付き添いましたが、親族ではないので病院側から全ての接触を止められ傷の具合も判らぬまま翌日を待ちました。朝には遠方からご両親も駆けつけていただき共に面会にむかいました。
手のひらを鉄棒が貫いておりそのダメージはいかほどか随分と心配でしたが、いたって軽傷で神経や筋や骨には損傷はなく、治療は皮膚の結い合と止血ですみました。
今回の事故の従業員は、昨年4月から5年後の独立を目指し働き始めておりました。志を立てて上京し店の裏手に部屋を借り、ラーメン作りに没頭した日々をおくっておりました、そんな彼のラーメン人生も潰えたかと思えた事故でしたが、この奇跡的な軽傷により未来が繋がった感があります。

 事故から三週間すぎましたが抜糸も済み、仕事も平常通りこなせるようになり一応安堵しております。
あれから事故の検証を行いました。また改めて報告させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>