下目黒日録 1月4日

original_image
「英国は各員がその義務を尽くすことを期待する」
ネルソン提督がナポレオンのイギリス侵攻の野望を打ち砕いたトラファルガー海戦に先立ち発した信号であります。
ちなみに日本海海戦において東郷平八郎が発した信号が
「皇国ノ興廃此ノ一戦ニ在リ、各員一層奮励努力セヨ」
文をつくったのは参謀の秋山真之であるとされますがネルソン提督からのインスパイアの感はあります。
大袈裟ではありますが正月営業の忙しさのなかみんなの仕事ぶりからこんな一節が頭に浮かんできました。
各自がそれぞれの持ち場において成すべき事をなす。そこには過剰な気負いやスタンドプレイに走る気配もなくただ自分の持ち場で全力を尽くし義務をまっとうする。単純ではありますが最も大切な事であります。あの忙しい仕事場においてかづ屋のスタッフからそんな精神が伝わってきました。
このネルソン提督が発した信号にイギリス艦隊の兵士は歓喜したとされます。これは提督が配下に対し信頼している証しとして余分な事を述べずただ義務を果たせと発した処からでしょう。そしてネルソン提督自身は海戦の勝利をほぼ確実にした時点で狙撃され、これで義務を果たしたと言いこと切れたそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>