玉龍@昭島

DSC_0563
今月初めに開店した 昭島の玉龍の入客が思っていたほどではありません、 開店景気がないようです。 開店前に懸念されていた事は かつてかづ屋と名乗り営業しており、店が変わっても同じ系列であれば既に店の評価を下されているかもしれません。
この前の店の経営者は元かづ屋の中国人アルバイトの通称ラオチョー。彼は私の許可もなくこかづ屋という看板で掲げ商売を始め、知人に咎められて私に挨拶に来た経緯があります。私も情にほだされ追認し励ましはしましたが結局閉店となりました。この閉店にしても私への報告はなく内山くんが造作譲渡の店舗物件として発見したものです。勝手に名前を使い最後も連絡無しです。こんな無責任なラオチョー、どんな商売をやっていたかいささか疑問なところです。そんな後がまですからこの地の方々に悪い印象をもたれているかもしれません。
このような状況なので味作りも心配で本日は味見に行き、かづ屋には無い背油玉葱ラーメンをいただいてみました。スープはかづ屋をベースにして背油がはいりマイルドな濃厚さがでています。玉葱との相性も良好で美味しい出来映えです。しかし残念なのは麺の腰が弱く瞬くまに柔らかくなってしまいました。製麺所に色々と注文はつけているようですが難しいようです。
やはり自家製麺で行くしかないと思うところですが。

玉龍@昭島」への2件のフィードバック

  1. 田代 三吉

    私は、不動前に約10年間住んでいたため大大大のかづ屋のファンでしたのでよく行きました(^^)
    7年前から地元の東京都立川市に帰ってきたので、目黒店には都内での用事がない限り行けなくなりました。
    ところが昭島のかづ屋ができたと風の噂で聞いてすぐに行きました。行ってみるととても残念な感じでした。まず22時過ぎに来店したためか、取り置きしといたスープをゆきひらで温めて提供されまして、スープにラーメンの命といえるコクが微塵も感じなく、ここの店は絶対に来ないと心に決めました^_^;
    しかし、今年の夏にかづ屋創業者さんが認めるお弟子さんが屋号を「玉龍」としてオープンしたと聞き、本日やっと行けることができました(^_^)/
    まず結論から、ズバリおいしかったです(^.^)
    ですが二点ほど気になりました。

    ラーメンとして致命的なスープが温いこと。

    かづ屋売りの出汁香るという、口に広がる出汁のパンチが浅かったこと。

    その二点ほどが、改善されれば僕は目黒店同様だったようにヘビーユーザーになるでしょう(笑)
    そして、微力ながら僕のコミュニティで拡散しまくります(笑)
    とても誠実な接客をしていて好感がもてましたし、麺は目黒かづ屋と違うのはしょうがありませんが、ワンタンはとてもおいしかったです。
    本当に頑張ってほしいと心から思えるお店です(^_^)/

    本来はこのような論評は、玉龍の食べログなどで論評したほうがよろしいこととは承知していますが、真の師匠の親方から助言されたほうがとても頑張っていらっしゃる玉龍のためになるかと余計なお世話ですが親方さんのブログにて論評させて頂きました。

    返信
    1. kaduya 投稿作成者

      田代三吉さま”玉龍”に足をお運びいただきありがとうございます。さらに温かい眼差しからのご助言いたみいります。ご指摘いただいた問題は当事者達にしても既に注意すべき点として承知はしており出来ない事でもありません。しかしそんなに難しくはない問題もそれを常に怠らない為には経験を積む必要があるのでしょう。それを修行中に積む際には私や先輩の存在に支えられていましたが独立後にはこんなお客様からの指摘が成長の糧となります。今後も温かく見守っていただけたら幸いです。よろしくお願いします。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>