萬和楼@横浜中華街

台湾牛肉麺%E8%90%AC%E5%92%8C%E6%A5%BC.jpg
元住吉の台湾料理屋「美(メイ)」に行きましたが臨時休業です。お店の方が春節(旧正月)で台湾に里帰りだそうです。しかし、すでに台湾料理のモードに入っている私とすれば、引き返すわけにもゆかず横浜中華街まで足をのばすことにしました。
ネットで調べてみましたが、この中華街に台湾料理は片手に余るほどしかありません。これだけ中華料理屋がありながら意外です。
ランチタイムから外れてしまったので休憩をとっている店もあるので選択肢が限られます。そこでこちら萬和楼へ入ろうと店の前に着きましたが、あまりの雑然とした店構えについ臆してしまいます。しかし引き返すにも代替案が見つからず、思いきって入ってみました。
メニューには素食料理が得意とありますが、それは仏教寺院の精進料理における、肉の替わりに肉擬きを使った料理だそうです。かといってベジタリアン専門でもないようで、店の方は「牛肉麺(ニューローメン)」を勧めてくれます。それではとこの台湾を代表する麺を注文しました。
以前に都内某所において牛肉麺は体験済みですがさしたる印象は残ってはいません。また店主曰く、台湾の味そのままとの前口上にもあまり期待が湧いてはきません。しかし食してみるなりその美味しさに夢中で箸を進める事となりました。
麺は中華麺と言うよりも稲庭うどんを思わせるような、弾力のある腰とツルツルとした滑らかな触感があります。台湾から取り寄せる乾麺を使用されています。また見た目はしつこそうなスープも驚くような淡麗な味わいです。そんな麺とスープを繋げる役割は、ゼラチン質を張り付けた柔らかい牛の脛肉が担っています。それは口中の粘膜が肉からゼラチン質受け取り、口に入ってきた麺と絡み、またスープを流し込むと熱で溶け込み味わいに円やかさが加わります。正に脛肉と麺とスープが三位一体となりお互いを引き立てあっているようです。
今日は台湾の国民食と呼べる逸品の真髄に触れた思いでありました。
%E8%90%AC%E5%92%8C%E6%A5%BC%EF%BC%92.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>