テレビに映る中国の97%は嘘である

%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%81%AE%E5%98%98.jpg 
 中国取材のベテランテレビ記者によるレポートです。
 題名からなにか目新しい事実でもと期待しましたが、その辺りの興味を満足はさせてくれません。しかし取材現場の生々しさはよく伝わって来ました。
 なかでも2012年の尖閣諸島の国有化を端を発した反日デモの取材模様は普段の報道とは異なる視点を与えてくれました。
 一概に反日デモといえども一様ではなく、何処まで仕組まれた運動か。また起こっているデモを当局が何れぐらいコントロール出来ているか。また利用できるか、様々な実態と憶測が交差し、全貌の見えにくさが伝わってきます。
 こんなレポートを読むと思い起こされてきたのは、清朝末期に起こった義和団の乱です。これは宗教的情熱を起爆剤にした外国排斥運動です。これを煽ったり規制して利用したのが清朝の中枢、もっぱら西太后であろうとされます。時を経ても根っこの部分は変わってないのでしょう。

テレビに映る中国の97%は嘘である」への2件のフィードバック

  1. 小林史憲

    著者です。読んで頂きありがとうございました。中国を好き嫌いではなく、自分が体験したままに描いたつもりです。実はこのたび、第2弾として「騒乱、混乱、波乱!ありえない中国」(集英社新書)を出版しました。よりディープに中国が抱えている問題に迫ったつもりです。よかったら、ぜひこれも読んでみて下さい。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>