ライジング・ドラゴン

%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%AD%E3%83%BC%EF%BC%92.jpg
  ジャッキーチェンの最後のアクション映画との触れ込みでした。だからといって見に行ったわけではありませんが、小学五年の娘に誘われて行って参りました。
 ジャッキー扮する正義?のトレジャーハンターの活躍するお話です。清朝の離宮、円明園より戦乱により略奪され国外に流出した十二支の像をめぐる争奪戦がテーマになっています。
流出文化財の帰属と返還問題は、民族意識の高揚した国においては関心の集まる問題です。つい先頃、対馬の寺院より仏像が盗まれた事件がありました。これは盗難事件として扱われるべき処でしょうが、元の帰属が韓国であるとの主張がなされ、日本の持ち主の手に戻らない事態となっています。映画の中でもフランス人所有の清朝の文化財を、中国人が無理矢理持ち去ろうとする場面があります。どちらも随分と乱暴な話ではあります。
近頃、ジャッキーチェンの共産党政権に追随する発言が、香港では批判的に論じられているそうです。そんなおりの微妙なテーマの映画といえます。
しかし、突っ込み処が気になってもジャッキーチェンの活躍には目が釘付けになります。流石に全盛期にあったような肉身をすり減らすようなアクションは減り、仕掛けに凝った活劇になっています。それでも我が子は座席から身を乗り出した見入っていました。
かつて淀川長治さんが活動写真の原点はバスターキートンのドタバタ劇であり、そして現代においてその継承者はジャッキーチェンであると述べていました。まさにその通りと思いますが。しかしその継承者はとなる危ういと言えるでしょう。それは近年のCG全盛の映画からは、役者の肉体をすり減らすような活劇が観られなくなった処から感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>