レミゼラブル

%E3%83%AC%E3%83%9F%E3%82%BC%E3%83%A9%E3%83%96%E3%83%AB.jpg 
 2月1日に訪れた映画館はおりしも割引の日にあたり満席で観ることが出来ませんでした。今日再び訪れたところ前の方の席が辛うじて空いていました。随分な人気です。アカデミー賞ノミネートに勢いずけられているかもしれません。入場者で目を引くのが年配者カップル。奥様がミュージカル好きか旦那が全共闘世代かと想像したりもしますが、やはり原作が不朽の名作の力でしょう。
 しかし、このビクトル・ユーゴーの長編を通して読みきった人はそんなにいないと思います。私にしても子供時分に少年少女世界文学全集やらの抄訳で読んだ気になっています。しかしそれも怪しくさらにダイジェスト版の名場面を読んだだけかもしれません。しかしまったく読んでいなくとも、ジャン・バルジャンの名前と、銀の燭台のくだりは誰もが知ってる話でしょう。
 そんなことを含めて全ての人に感動が伝わる作品だと思いました。
 ミュージカルなので歌で伝える場面が各所にと予想していましたが、台詞が全部歌になっていました。半分位は普通にお芝居をしてほしかったところです。しかし音楽はドラマを盛り上げて印象を強くしてくれました。驚きは出演者の歌の上手なこと。最初は本人が歌っているとは信じられませんでした。訓練の賜物なのでしょう。また役者根性もすごいですね。
 少し気になったのはジャン・バルジャンが男前過ぎかと。出来るならジャベール役と交代して逆のキャストも面白そうかと思ってもみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>