下目黒日録10月31日

%E3%82%B5%E3%83%AB%E3%83%90.JPG
 「いらっしゃいませзийкееЬЩЫ——–」
 店に入るなり元気な声に迎えられました。マルゲリータを注文するとホールスタッフが窯の前のピッツア職人にオーダーを通します。
 「ΣΦΨΞζεθθ———-~」それに答えてさらに勢いよく。
 「θεζΨΞЬЫй~θ~-εзΨΞ」
 何を言っているのかわかりませんが、ピッツエリアという場所柄イタリア語だろうと思うのですがそんな言葉には聞こえません。まるでラーメン屋で時々遭遇する威圧的な掛け声のようです。入るそうそう不安になりました。
 その不安な予感はだいた当たることが多くここもその例外ではありませんでした。ピッツアは一言でいえば貧弱、とてもじゃないが一枚食べただけではどこに入ったかわからない軽さでした。ナポリピッッツアを標榜しながらあのモッチリとした生地の醍醐味は味わえません。トマトソースはしっかりとした味わいで好みですが、軽い生地とあわさればバランスが悪く持ち味が生かされていません。ベースが悪いと何を取り繕うと駄目であるということでしょう。
 立派に作られた石窯になにか見慣れぬ器具が取り付けられています。もしやと思い店のかたに問うと窯はガスでたいているとのこと。正直に答えていただきました。逆にピッツアの感想を聞かれたので、私の感じたところを正直に伝えました。それにスタッフの方はいやな顔もせず、貴重なご意見ありがとうございますと深々と頭を下げて私を送り出してくれました。おかげで後味良く店を出ることができました。
 武蔵小山の某ピッツエリアにて。ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>