下目黒日録10月28日

 昨日に続き朝の麺切りは私の仕事になりました。
 切り終えて、荏原町の「支那てつ」まで麺を配達しようとしたところ、雨が降ってきました。しかたなく屋根付きのスクーターで向かうことにしました。武蔵小山の26号通りから中原街道に出るべく平塚橋交差点を右折したところ警察官に停止させられました。そして50ccバイクはこの交差点では2段階右折をせねばならぬとのこと、私が交通違反を犯したゆえ反則切符を切るといわれました。
 普段なら100ccのバイクで配達をしていたのでうっかりしていました。さらに26号通りは片側一車線の道路で、それが続く限りにおいては2段階右折の義務はなく、平塚橋交差点直前で、右折、左折それぞれの専用車線に分かれるため2段階右折の交差点になってしまいます。
 非常に釈然としない気持ちとなりましたが違反は確かなので反則切符にサインをしました。
 特に二輪車に乗っていると、時々疑問に思えるような取り締まりに遭遇します。同じように思っている人もけっこういます。警察と一般市民とは信頼関係が成り立った社会であるべきですが現状はどんなもんでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>