下目黒日録 10月23日

 昨日に続きピッツアについて。
 驚くことにこの界隈には本格的な石窯を作りつけたお店が沢山あります。食べログで検索したところ中目黒・恵比寿・武蔵小山に名高い店が何軒もあります。どれも食指をそそられる店ばかりです。しばらくピッツア屋めぐりとなりそうです。
 かつて石窯を備え付けたお店として名を馳せたのはサバティーニ青山のピッツアリアだったと思います。20年前に何度も利用していました。そこのピッツアはいわゆるローマ風と言いますか、薄いパリットした生地でした。今はナポリ風のモッチリした生地を食べさせる店が主流となっていますが、その先駆的なお店は中目黒のサボイだったような気がします。
 日本においてピッツアリアはちょっとこ洒落た軽食屋といったポジションだと思います。お客も若く垢抜けた感じが集っています。そんなお店の雰囲気は食べるという行為優先よりも社交や語らいに比重をおく使われ方をされることもあります。昨日のお店にもピッツアそっちのけでお話しに夢中の方がいました。ピッツアはお皿の上で冷めて張り付いていました。かなり残念な光景です、そしてお洒落とは言い難い雰囲気といえるでしょう。
 ピッツアは出来立てが命だとおもいます。石窯から出てきたてを頬張ると膨らんだ生地から蒸気がふきだます。そして熱くトロトロに溶けたチーズと旨みのあるトマトソースが口の中に広がって行きます。これがピッツアの醍醐味です。おしゃべりは後回しで無心にぱくつくのが流儀だろうとおもいます。これは結構ラーメンと共通する所でしょう。
 ピッツアの本場ナポリにおける立ち位置は日本におけるラーメンと同じ所にあるのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>