元祖にして頂点 船橋屋 くず餅

%E8%88%B9%E6%A9%8B%E5%B1%8B.jpg
   近頃子供がハヤブサの帰還や漫画の宇宙兄弟などにより宇宙に興味を持ち始めたようで、夏休みということもあり、筑波のJAXAに行ってまいりました。
 その帰り道亀戸天神のあたりで、いかににも涼やかな店構えの和菓子屋さんを見かけ、引き込まれるように入ってみました。そこは「船橋屋」という創業が文化二年とある老舗でした。なかでもくず餅の元祖だそうで、創業者が考案されたとありました。
 さっそくくず餅とあんみつを注文していただきました。どちらもとっても丁寧に作られた感のある出来映えでした。くず餅の食感は柔らかな弾力があり口触り歯触りが良く、口の中を優しくうごめきます。かけられた黒蜜は濃厚なのに嫌みなく、甘さも自然で頭出せず、たっぷりとつけていただきました。甘い物好きな私ですが、今までさしてくず餅が美味しいと思ったことはありませんでしたが、ここでいただいた一品は格別な味わいでした。
 文化二年の創業と言えばもう二百年は続いているお店です。しかも現代人の私の舌もうならせている。自ら作り出し後発の同業もいくつも有るはずですがあきらかに抜きん出た味。元祖であるのに頂点を保っているということです。素晴らしいことです。
 後でホームページも見せていただきました。とっても綺麗で見応えのあるものでした。
その中で先代のご主人が述べらたことばに「伝統の味を守って行くためには常に時代に敏感に向き合わなくてはいけない」とありました、この言葉は保守主義の神髄ですね。
 またお店から頂いてきた小冊子には今の当主が「創造的継承」と唱えておられました。味を継承されるだけでなくこの辺りの考えもしっかり受け継がれているようです。
CA3H0261.JPG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>