ルドゥーテ『美花選』展

%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%A5%E3%83%BC%E3%83%86.jpg
梅雨も半ばですがけっこう暑い日がづづきます。
こんなとき街中で涼を求めようとするならば美術館は最適の場所ではないでしょうか。それも、できるだけ大掛かりな展覧会などでなく、あまり込み合ってなさそうな美術館。また今まであまり馴染みのない作家であればなおさら良いかなと思っております。
 そんなことを考えて、渋谷文化村にてルドゥーテ『美花選』展を見てまいりました。
 しかしそんな思いとはうらはらに、けっこうな人でにぎわっておりました。
 私が知らないだけだったようです。
 ルドゥーテはルイ16世、ナポレオン1世、両宮廷に仕えた画家で、植物学的正確さを保ちながら芸術的評価の高い花の絵をのこしています。
 日本画の花鳥風月と相いれるところもあるのでしょう、結構な人気とみてとれました。しかも入館者の9割がたがご婦人でした。
 作家としての自己主張を極力抑え、あたかも草花に仕えるかのごとく描かれてきた作品群です。芸術作品とは作家の思い入れの塊と考えていたならば、こんな絵を見ることはとても新鮮ですね。
 しかし私は展示の後半になるとすこし端折った鑑賞となりました。新鮮な気持ちが最後まで持続しなかったようです。
    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>