テンペスト

%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%82%B9%E3%83%88.jpg
ここ数年映画といえば子供がらみでファンタジーか活劇かとなっていました。
久々ぶりに自分だけの映画鑑賞となりました。
シェイクスピアの原作を主人公を男から女に変え、あとは忠実に映画化したそうです。
テーマは復讐と許し、そして人生の終焉。
血なまぐさい悲劇が数々あるなかこの作品には流血はありません。主人公の寛容な心で物語が締めくくられます。
見終わったあとには穏やかな気持ちに浸れました。
しかしながら深く考えてみるに復讐するだけの能力(ここでは魔術ですが)と機会を手に入れたからこそ寛容になれたのではと思われてきましたが。これはじっくり心の中で咀嚼してみることにします。
主演のヘレン・ミレンの表情がとっても良く、他の出演作品も見たくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>