募集

  従業員募集
 本年5月に
 スタッフが一名退職します。
 それにともない欠員を補充します。
 独立開業を志す方。
 アルバイトやパート勤務希望の方
 シニア世代ながら元気な方
 様々な働きかたの
         相談にのります。
 詳細は面談のうえ、
 お気軽に声をかけて下さい。
 
 同様にかづ屋出身者の店でも
 人手が不足しています。
 千葉は行徳の「支那ソバ小むろ」
 高円寺の「麺屋はやしまる」
 お気軽にお問合せ下さい。
 

店内にこのような貼り紙をしました。
5月まではまだ日もありますが、人手不足のおり早すぎる事はないと思っております。
採用には独立開業希望者やシニア層など幅広く募っておりますが、それぞれについての私の考えはこのブログにおいて詳しく述べていきます。興味もたれた方の参考にされたらよいかと。

浅草博徒一代 佐賀純一作

51ZGFHX0X7L._SX334_BO1,204,203,200_

ボブデュランがこの作品から盗用したが報じられ広く世に知られるようになったようです。ノーベル賞の授賞を期にボブデュラン聴いたり調べたりしていて興味をもちました。
戦前の浅草界隈を縄張りにしていた博徒の一代記です。当人からの聞き書きした作品です。
当時の博徒の生態が詳しく描かれています。かれらは現代の暴力団の前身ではありますがその形態はいささか異なっているようです。博徒はバクチを生業しており、賭場を開きその寺銭が主な収入源であったようです。その行為自体が法に触れてはいますがそこまで強く取り締まられてはおらず、確固とした収入源になっていたようで、戦後の暴力団が行うにいたる反社会的で暴力的な様々な収入源(しのぎ)とは別物の感があります。また暴力団の別の前身である香具師(テキヤ)とは何の利害関係もなく没交渉であったのも意外でした。
ボブデュランの盗作問題に作者は全く意に介せずであり、その姿勢は清い感じであります。またボブデュランの創作の姿勢が問われてもいますが、あらゆる創作とはこんなもだと思います。文化とはジャンルを問わず影響しあってこそ生まれてくるのでしょう。

忘年会

DSC_0917

元旦からの営業が忙しく、恒例の忘年会の報告が遅れました。
今回は叙々苑目黒店にて行いました。
数年前からすれば随分とこじんまりとした忘年会ですが、これはこれで充実しています。
料理も美味しく和やかな宴でした。

20年まえから通ってます〜

DSC_0914

そんな声をかけていただいたのは、都内において最も高い評価を受けている「うどん屋」においてです。会計の際に厨房からわざわざご主人が出てこられてのお言葉に驚きました。
どちらのお店かは了解を得てはいないので差し控えますが、この美味しそうなうどんを見ればわかる方もいるかもしれません。

ボナペティの取材

DSC_0909

アメリカのフード雑誌から取材をうけました。
知らない雑誌ですが日本の「ダンチュウ」的な存在かとおもいます。
カナダ人のカメラマンとメキシコ人アシスタントによる撮影は、日曜の忙しさの一段落した3時ころから始まりましたが、普段日本のメディアからの取材とはいささか異なっていました。
まず本来であれば照明機器をセットしそれの明かりを利用して撮影されますが、今日のカメラマンは終始自然光にこだわっていました。さらに料理の姿も整えられた状態ではなく、少し雑然とした状態をとらえようとしていました。例えば卓上の調味料をわざとテーブルにこぼしいたり、ビールも中途半端に飲みかけていたり。
そんなようすを見ていた従業員が私に「アジア的混沌」なんかが狙いですかと。私的にはそれでもセンスが良ければいいんですが。
カメラが私を狙うときには決してカメラ目線も避ける徹底ぶりで、終始ナチュラル.ナチュラルとつぶやきながらの撮影でした。
さて、これで思い出すのが7年前にうけたフランスのテレビ「アン テン デュー」の取材。あのときもはいこれから撮りますなどとはならず。自然の流れのなかでカメラが回して撮影されていきました。どちらにしても日本よりも撮影者の感性に撮影を委ねているようです。創造的な才能をのばすならばこのやり方かなと思うのですが。

DSC_0886

FM立川の収録で八王子に来ています。
そうであれば八王子ラーメンを食べなければと、ついいましがた「えびす丸」にてチャーシュー麺をいただきました。
素朴に美味しいラーメンです。まさに中華そばとメニューにあるとうりの味わい。気負うことなく提供され、さらりと食べる。八王子から横浜線ひと駅の片倉駅、改札をでればすでに住宅地、そんな立地の店らしいラーメンです。
八王子ラーメンお約束の生玉ねぎもシャキシャキと入っておりました。

連日の売り切れ

11月に入り、テレビ放映や文化の日また酉の市など入客増加の要因が重なり早仕舞いが1週間続きました。
そのなかには8時頃にはスープが終了する日もあり、何人ものお客様が残念な思いをされました。私もそんなお客様に申し訳ない思いではありますが仕込みには限りがあります。
こんな事も続いいれば営業時間の案内も考えなくてはならないでしょう。何時までの営業とするよりも、スープが終了しだい閉店いたしますその目安は何時頃と。遅くにいらっしゃる場合は電話でご確認下さいと。店内に貼り出す事にします。

職人仕事を

番組では出番はわずかでしたが実にかづ屋らしさをだしていただいていました。
そのなかで上原ひろみさんが職人仕事が好きだとおっしゃっていました。かづ屋の常連になっていただいてるお客様は創造的な仕事をなさっておられる方が多く、支持をいただいているのはそんな処からなのでしょうか。

テレビ放映「セブンルール」

10月31日火曜日 23時 フジテレビ 「セブンルール」
ジャズピアニストの上原ひろみさんに密着した番組です。そのなかでよく行くラーメン屋としてかづ屋がでてきます。
上原ひとみさんは20年来のお客様だそうですが残念ながら私は気がついていなかったようです。
しかし従業員はしっかりと判っており時おりのご来店を知っておりました。
どんな番組になっているでしょうか楽しみです。

カズオイシグロがノーベル賞を

Remains_of_the_day
好きな作家なのでたいへん嬉しいですね。いつかは授賞するのではと思っていましたがこんなに早くとは意外でした。
先ずは私はジェームス.アイボリー監督の「日のなごり」を映画を観て小説を読みました。アンソニーホプキンスの執事とエマトンプソンの女中頭が心に残る名演です。
小説では主人公の独白が上品な語り口で綴られています。中でもイギリスの田園地帯を眺めながら自身の信念を述べている処には保守主義の真髄が語られています。
作品のテーマのひとつには主人公の執事と女中頭の引かれ会いながらも交わらない恋心があります。物語の最後にそれが踏み出される予感もありますが、失われた時の中にだけその機会はあったようです。それを噛み締める主人公の心情が深く余韻として残る作品でありました。